どんなときに補償してくれるの?火災保険と補償内容

admin

2017年3月25日

火災保険の補償内容と料金の変化

火災保険は建物や家財が火災などによってあ損害を受けたとき、補償してくれる保険です。名称こそ火災保険ですが、保険会社ごとに違いがあるとはいえ、多くの場合で火災以外による損害も補償対象となっています。補償範囲の広いものでは、火災以外にも落雷や強風、雪などの自然災害、盗難による被害などの人災と言えるようなものも範囲に含まれており、火災以外の様々な状況下においても役に立ちます。基本的に補償範囲が広くなると、料金も上がります。必要と思ったもののみで料金を抑えるか、多くの損害に適用される安心をとるかは、個人の考え方次第です。

地震による損害の扱い

火災保険はこのように広い範囲をカバーしているのですが、地震関連の損害はこの範囲の外となっているので、注意が必要です。地震に関連する損害は火災保険ではなく、地震保険というオプション、あるいは別の保険が担当しています。地震が原因である場合は、被害が地震によるものというより、それによって引き起こされた火災による損害であっても火災保険ではなく、地震保険の補償範囲なので気をつけましょう。

火災保険は転ばぬ先の杖

自然災害にせよ、人的な被害にせよ、どちらに関しても自分には関係ないと言い切ることはできません。損害を被る可能性は誰にでも等しく存在します。そうした起きてほしくない可能性が、もしも現実のものとなってしまったとき、助けになるのが保険です。どの保険を選べばいいのか、自分の生活している地域の事情やライフスタイル、家族構成などといったことを考慮し、必要な補償を選択し、比較検討を行う必要があります。

火災保険を選ぶ際は、保険金額を適切な水準にすることが求められます。その金額を間違えると、いざという時に十分な補償を受けられない恐れがあるためです。

Related Posts

基礎的な知識や操作方法から学ぶことが可能なパソコン教室

admin

2017年3月25日

パソコンを学ぶ場として適切 仕事でパソコンを使用する企業は非常に多いです。パソコンでの仕事が全てではない職種だ […]

Read More

意外と簡単にできる?パソコン教室の開き方

admin

2017年3月25日

実は意外と注目されているパソコン教室 独立ブームという言葉があるほど独立開業していく人が多くいます。そんな中で […]

Read More