公務員になるにはコネが必要、現実に目を背けるな!

admin

2017年3月25日

朱に交われば赤くなる

公務員になるには公立の学校へ行くべきです。教師になるには大学で教員免許を取得して、その後に採用試験に合格しなくてはなりません。教師を目指す方は、まずは安定した教育生活を送れるよう公立学校での採用を目指す方が多いですが、採用のレベルに達していなければ私立学校へ切り替えるほかありません。教師であっても人の子、私立校の教師の中には就職できなかった公立学校(=公務員)に反感を抱く方もおり、生徒に公務員を勧めることは積極的ではありません。公務員に反感を抱く環境で育てば、公務員になるための意欲は自然と低下します。

出身校も採用に有利なコネになり得ます。

公務員になるには、公務員の先輩を多く輩出している公立学校へ通うことが賢明です。公務員になるには、各自治体が行う採用試験に合格しなくてはなりませんが、大卒・短大卒(専門卒)・高卒では採用試験が異なります。採用試験が異なれば当然に配属先も異なるため、高卒者が大卒者のポジションに就くことは出来ず、反対に大卒者が採用され易いように高卒の試験を受けることは出来ません。巷の噂では、公務員試験にはコネクション(コネ)が必要とされていますが、噂ではなく事実です。採用試験の最後には面談が待っているため、ペーパー試験の結果を覆すことが可能です。得体の知らない者と働くより、身元がハッキリしている者と働きたいと考えるのは自然なこと、そのため公務員の知り合いであれば採用される確立が高まるのは当然なことです。公立の学校を卒業すれば、役所には学校OBも多くいるため、採用が有利に働きます。公務員は人気のある職業なため、採用試験に合格することは容易ではなく、少しでも合格確立を高めるのであれば公立学校へ通うことです。

公務員の講座に申し込むことで、独学ではカバーすることができない試験対策に取り組めるといったメリットがあります。

Related Posts

基礎的な知識や操作方法から学ぶことが可能なパソコン教室

admin

2017年3月25日

パソコンを学ぶ場として適切 仕事でパソコンを使用する企業は非常に多いです。パソコンでの仕事が全てではない職種だ […]

Read More

意外と簡単にできる?パソコン教室の開き方

admin

2017年3月25日

実は意外と注目されているパソコン教室 独立ブームという言葉があるほど独立開業していく人が多くいます。そんな中で […]

Read More